着物を加工する 着物を加工する

加工する

ゆのし

反物で着物を持っておられる場合や、購入時仕立てる前に行う加工です。
具体的には蒸気を用いて生地の長さや幅を整える作業となります。

地入れ

こちらも反物の状態で水通しする加工で、織物の紬などを仕立てる前に行います。

ガード(ハジック)・パールトーン加工

着物を雨や汚れから防ぎたい場合に行う、防水加工です。
パールトーン加工については、当社はパールトーン社と直接取引しております。

抗菌加工

着物や帯に付着しやすいカビ等の菌をつきにくくする加工です。

紋入れ(抜き紋、縫い紋、すり込み紋、ネーム入れ)

基本的には一ッ紋、三ッ紋、五ッ紋とあります。
縫紋には、まつい縫い、すが縫い、けし縫い、さがら縫いなどの種類があり、どの縫紋にも対応しております。